Athlead03
 
Athlead02
 
Athlead01
 

BLOG

2016年11月18日

2016.11.18    カープは『真赤激』、アスリードは『スポーツを産業にする』

ライター
ATHLEAD
ATHLEAD

スポーツの楽しさをお伝えするATHLEADブログ。

 

 
こんにちは、ビッグフット藤本です。

 

 

2回連続で広島東洋カープネタとなっているビッグフットのブログですが、今回もイントロダクションはもれなくカープです!笑

 

 

カープ、感動をありがとう!そしてファイターズ、日本一おめでとう!
前回ブログで栗山監督のリーダーシップについて触れましたが、やはりハムは強かった!!!
カープとファイターズというカードは、両チームのファンでなくても楽しめた日本シリーズになったのではないでしょうか?

 

 

 

そこで注目したいのは、両チームのスローガン!

 

 

 

先攻は、日本ハムファイターズ!

 
『爆ぜる(はぜる)』

 
爆ぜるの意味は「栗の実がイガを破って弾け出るように、草木の実などが熟しきって裂ける。割れて飛び散る。」
現状に甘んじることなくプレーや人間性の成熟度を高め、昨シーズンの自分、昨日の自分を超えようとする個々の選手の意識がチームとしても殻を打ち破る源になる。
ベンチから爆ぜるようにグラウンドに飛び出していくファイターズらしさを貫き通し、チーム・フロントが一体となり、スタジアムの内外を問わず常に新しい挑戦をし続ける意気込みを表現しています。

 

2016年1月15日配信 日本ハムファイターズ公式サイトより

 
後攻、広島東洋カープ!

 
『真赤激(まっかげき)』

 
「真赤(まっか)」と「過激(かげき)」を組み合わせたキャッチフレーズです。
カープ伝統の激しい練習に耐え、チーム一丸となり、赤く熱い気持ちで相手チームにぶつかっていく。
大人しくまとまるのではなく、情熱あふれるプレーを心掛け、応援してくれるファンに「刺激的な野球」を届けていく。
そんな決意を込めたキャッチフレーズです。
3年連続のAクラス入り・クライマックスシリーズ進出を逃した2015年シーズン。
昨年一年間の、そして最終戦の「悔しさ」を忘れることなく、激しい練習に耐え、赤く熱い気持ちで相手チームにぶつかっていく。
大人しくまとまるのではなく、情熱あふれるプレーでファンに「刺激的な野球」を届けていく。
そんな決意を「真赤」と「過激」を組み合わせた「真赤激(まっかげき)」という三文字に込めました。
監督・コーチ・選手・スタッフが赤く一丸となり、25年ぶりの優勝に向けて戦っていきます。

 

2015年11月23に配信 広島東洋カープオフィシャルサイトより

 

 
ちなみに今シーズンのセ・パ両リーグの最終順位とスローガンを並べると・・・

 
≪パ・リーグ≫
北海道日本ハムファイターズ『爆ぜる』
福岡ソフトバンクホークス『熱男 2016』
千葉ロッテマリーンズ『翔破(しょうは) 熱き心で!』
埼玉西武ライオンズ『BEAST! 強く、猛々しく』
東北楽天ゴールデンイーグルス『夢と感動』
オリックス・バファローズ『俺のオリックス』

 

 

 

≪セ・リーグ≫
広島東洋カープ『真赤激』
読売ジャイアンツ『一新』
横浜DeNAベイスターズ『WE PLAY TO WIN』
阪神タイガース『超変革』
東京ヤクルトスワローズ『つばめ進化』
中日ドラゴンズ『竜魂燃勝』

 

 

カープのキャッチフレーズは発表の時にこそ賛否両論ありましたが、シーズンを振り返るとまさに『真赤激(まっかげき)』なゲームで、広島はもとより、プロ野球界全体を刺激的に盛り上げたのではないでしょうか?
セ・パ共に、スローガンのインパクトがそのまま最終順位になってしまった気がします。笑

 

 

スポーツの世界ではプロアマ問わず、チームのスローガンがあります。
高校の部活動でも横断幕などを作成し、チームのスローガンを掲げていますし、チームの目的や意気込みを言い表したスローガンは、戦う選手も、それをサポートする周り環境にも影響を与えます。
「言葉には魔法がある」という言い方をしてしまうと、少しヒカれてしまうかもしれませんが、1人1人がそのスローガンを行動指針にすることによって、チームとしてより良い結果を生むことは既に証明されています。

 

 

これは、なにもスポーツに限られたことではありません。
ビジネスの世界でも同様の効果があります。
自社の根本原則をより具体化し、実際の行動に資する指針・方針として明文化したもの、
そう、企業でいうところの『ミッションステートメント』です。

 

 

アスリードのミッションステートメントは、

 
『スポーツを産業にする』

 
スポーツを軸に人・企業・地域・国をつなげ、スポーツを楽しむ機会を創出し、日本人の健康向上に寄与するというものです。

 

 

 

ビッグフットも個人的なミッションステートメント(信条)があります。
何をしたいのか?何をするべきなのか?そして自分はどうなりたいのか!?
自分の社会活動の礎となるような価値観や行動原則を備えつつ、
『スポーツを産業にする』ことに貢献していきたいと思います!

 
今日も、スポーツを楽しもう!

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最新記事
月別
カテゴリ
ライター