Athlead03
 
Athlead02
 
Athlead01
 

BLOG

2017.03.20    雨男

ライター
ATHLEAD
ATHLEAD

スポーツ楽しさをお伝えするATHLEADブログ。

こんにちは!

 

 

ここ最近、花粉が飛び交い花粉シーズン到来と耳にします。

私は、花粉症ではないので、全く影響は無く快適に過ごしています。

 

 

そんな中、最近私を苦しめてたのは、天気でした。

大会イベントシーズンであるこの時期、各屋外競技は天気は最重要項目となってきます。

 

 

野球であれば雨天中止、サッカーは雨天では決行となりますが、雪や吹雪だと中断の可能性もありますね。

 

 

毎日、天気予報から目が離せません。

 

 

そして、大会イベントがひと段落し、改めて振り返ってみると、私の現場では全て雨、あるいは雪が降りました。。。

 

 

ここまでくると、あの言葉が頭をよぎりますね。

 

 

 

 

 

 

『雨男』

 

 

 

 

 

いや、『雪男?』

 

 

 

 

ここまでくると、最近自分は雨男だと認めざるえません。

 

 

 

そこで雨男、雨女について調べてみましたが、安心してください。

 

 

もちろんですが、

雨男・雨女が雨を降らせるという科学的根拠はありません。

 

 

そもそも、日本は雨がけっこう降ります。

全国平均では100日以上雨が降っているというデータがあるので、1年間のうちにおよそ3分の1以上は雨ということになります。

 

 

なのに、一部の人は自分のことを雨男・雨女と思い、一部の人は自分のことを晴れ男・晴れ女と思っています。(ちなみに、一番多いのが何とも思っていない人達です)

 

 

雨男・雨女が生まれる原因は、主に2つではないかと思います。

それは、「雨の日の記憶力がいい」「レッテル」です。

 

 

雨だったというのは、人間の記憶に残りやすいようです。

何かイベント時に晴れだった時より、雨だった時の方が、記憶に残りやすいようです。

 

 

確かにそんな気もしますね。

つまり、その時の印象がレッテルとなっていきます。

 

 

最近、じわじわと注目を集めているのが、神社でのお祓いです。雨という厄を払ってもらおうという考え方ですね。どんな神社がおすすめかと言えば、やはり天候に関する神様がおられるところです。代表格は関東にあるこの神社です。

 

 

気象神社(東京)

 

東京 高遠寺にある日本で唯一のお天気の神様がいらっしゃる神社です。雨男・雨女さんにはもちろん、気象予報士の合格祈願などでも知られています。かけられた絵馬には「脱雨女!」など、強い願いが込められているものが多く、先輩たちの勇姿にきっと力をもらえることでしょう。

気象神社 公式HP

 

 

私もそろそろ行ってみようかと思ってます。

 

 

スポーツのシーンでは、欠かす事の出来ない天気の問題。

 

 

やはり快晴の中、体を動かすと気持ち良いものです!

アスリートが気持ち良くプレー出来てこそ、スポーツの楽しさです!

 

 

それでは今日もスポーツを楽しもう!!

 

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最新記事
月別
カテゴリ
ライター